HOME > お客様の声 > お客様インタビュー 濱中裕司さん・かすみさん

お客様インタビュー 濱中裕司さん・かすみさん

オノケンコーポレーション お客様インタビュー 濱中裕司さん、かすみさん

オノケンコーポレーション(以下、オノケン)で新築した濱中さんに、家づくりの心境や現在の住み心地などについてお話を伺いました。

(濱中さん プロフィール)
濱中さん所有の土地に、オノケンが木造戸建て住宅を建築しました。家を建てたのは、長女が4歳、長男が3歳、次男がおなかの中にいるとき。「子供たちが楽しく遊べる家」を求め、現在も楽しい住まいを追求中です。

(濱中さん宅 間取り)


「オノケンさんとの出会いは偶然でした。そういったご縁も良かったと思います」。
-- 家を建てようと思ったのはどのようなご理由からですか?

(奥様)
今まではアパートに住んでいたんですが、「人の家に住んでいる」という違和感があったんです。私は「安住の地」というと大げさかもしれませんが、違和感がなく落ち着いて住める場所が欲しかったんです。
それにはやっぱり、「自分たちの家」を持つべきかな、って。

-- オノケンとの出会いは?

(奥様)
偶然の出会いでしたね。私は、いずれ「自分たちの家」を建てようと思っていたので、モデルルームを見て回るのが好きだったんです。小野市でも色々なモデルルームを見て回っていました。ちょうど、「ここも見とこう!」って思って立ち寄ったオープンハウスの物件がオノケンさんの建物だったんです。

-- オノケンの第一印象はいかがでしたか?

(奥様)
その物件には、スタッフさんが一人しかいませんでした。「見せてもらっても良いですか?」と聞くと、「どうぞ〜」っていうだけで、オープンハウスにしては少し“そっ気ない対応”で…(笑)。私は、モデルルームではスタッフさんが一緒にまわるものだと思っていたので「何も聞いてこないのかな?」って感じました。ベタベタ付いてまわられて、「家を建てる予定ですか?」とか色々聞かれるのが苦手だったので、その対応が逆に好印象でした。

-- そのころは、もう「家を建てよう」と思っていたのでしょうか?

(奥様)
はい。学区域のことがあったので、上の子が小学校に入る前に家を建てたいと思っていました。ですので、先ほど話した“そっ気ない対応”の中でも結構いろいろとしゃべりましたね。そのときに、良い印象があったので、他の業者さんに見積もりをお願いすることもなく、オノケンさんにお願いしようと思いました。

グリーンや、ブリキでできたかわいい雑貨がゲストを出迎えてくれます。
お気に入りの雑貨がいたる所に飾られていました。奥様のセンスが光ります!
トイレの壁紙は、梢に野鳥が止まっているものをチョイス。リラックスできそうな空間です。
引き戸に特殊な塗料を塗って、黒板を作りました。子供たちが得意な絵を描いてくれました。

「オノケンさんにお願いすれば、私のペースで家づくりができそうだと思いました」。
--  オノケンにお願いした、詳しいご理由を教えてください。

(奥様)
オープンハウスのときに「良さそう!」って感じた直観的なものでした。
「私のペースで家づくりができそう」と感じることができたのも要因ですね。

-- 実際はいかがでしたか?

(奥様)
分からないところをその都度教えてくれました。
家づくりって“何が分からないかも分からない”んですが、それもきちんと理解してくれていて、丁寧に教えてくれるところが良かったです。

--  どんなお住まいにしようと考えていたのでしょうか?

(奥様)
私は、漠然とログハウスみたいな家が良いと思っていたものの、ログハウスの何がいいのか考えてもなかったし追及もしてなかったんです。
オノケンさんは、「低コスト住宅」「子育て世代向け住宅」とアピールしていたので「今の自分にはぴったりだな」と感じました。
初めて建てる家だしプロの業者さんが提案している家づくりに自分が乗っかって、教えてもらいながら作るのも良いな〜、って思いました。
私の想像していた「ログハウス」と比べると、イメージ的にはガラっと変わった家づくりでしたが、「やっぱりログハウスが欲しかったな」っていうのは無いですね。

-- オノケンの提案はどんな内容だったか覚えていますか?

(奥様)
一つは、低コストで家が建てられるっていう内容があったと思います。
あとは、電気のスイッチの高さが床から110cmの高さと、3歳くらいの子どもが背伸びをすれば届く高さにしてあったり、下のコンセントは屈み過ぎずに差し込むことができたり、使う人のことを第一に考えてくれているアイデアが気に入りました。

-- 家づくりを振り返って、ご感想を教えてください。

(奥様)
楽しかったですね〜! 
話し合いがすごく楽しかった。決めることが多くて疲れることがあったり、細かいものを決めるときはイメージがわかずに困ったりすることもあったんですが、とにかく、楽しかったです。

--  間取りは、大まかにイメージできていたんですか?

(奥様)
間取りは、オノケンさんが提案してくれました。それを元に、ちょっとずつ変えていきました。
私は、できるだけシンプルに作って、あとから家具の位置を変えて模様替えを楽しみたかったので、デコボコしてない家が良かったですね。
それから、主人の希望で、昔ながらの和室を忠実に作りました(笑)。

和室だけは特にこだわったご主人。「昔ながらの和室にしたかったんです。畳の上は落ち着きますよ〜!」
--  和室へのこだわりを教えてください。

(ご主人)
和室だけは、内装も家電もこだわって自分で決めました。床の間と、押入れは絶対要ると思ったんで、初めの設計にはなかったんですが、後から追加してもらいました。
流行りの琉球畳ではなく、昔ながらの和風の畳にしたのもこだわりです。天井や壁紙の素材も、オノケンさんのアドバイスを聞きながら僕が選んだので、すごくお気に入りの部屋です。畳の上ってやっぱり落ち着きますよ〜。
本当は、照明は“カチカチ”っと「ひも」で点けるタイプ良かったんですが、「いまどきないでー」と言われちゃったので。そこはあきらめました(笑)。

--  オノケンとのやり取りの中で、印象に残るエピソードがあれば教えてください。

(奥様)
私、自分の家への憧れがたくさんあって、「屋上が欲しい」というのもその中のひとつでした。屋根にバルコニーを付けるイメージでしょうか。それをオノケンさんに伝えると、「そんなん作ってどうすんの?」って(笑)。私は時々昼寝をしたり、家族で食事をしたりしたかったのに、オノケンさんはあまり乗り気ではないんです。
ほかのメーカーさんなら、きっと必死で希望に沿うようにプランを立てるでしょう…?
オノケンさんは、「家はまっすぐ建てるのが一番。屋根をいじると雨漏りしますよ」とはっきりと専門家の立場でアドバイスしてくれました。
確かに、家は家族の財産と命を守ることが一番大事だから、雨漏りしてしまっては、建築物としての意味がなくなってしまいますからね。 

床板を無垢材にすることも考えましたが、無垢材の手入れの大変さもきちんと伝えてくれたので、「うちじゃ、無理かも」と思ってやめました。
天然素材に憧れますが、メリット・デメリットをきちんと伝えてくれたので、住んでからのギャップがなかったですね。そこは大事だと思います。

普通の、収納がたくさんついた洗面化粧台は「絶対に嫌!」だった奥様。丸いシンクを選び、造作しました。
家族一人ひとりの歯磨きセット。壁にかけて、見た目もかわいらしく収納されています。これも奥様の手作りで「材料はすべて百均」とのこと。
長女の部屋。クローゼットの中はきれいに整理整頓が行き届いていました。まだまだ収納量に余裕がありますね。
長男の部屋は、見通しのきく仕切りを使い、空間を分けています。仕切りの奥は、家族の共有の本棚。
「走り回れるくらい広いスペースにしたかった」と奥様が話すように、寝室は広く作り、ゆくゆくは壁を造作できるように計画されています。
和室以外すべての部屋の天井は、それぞれ異なる「星空」のクロスを選びました。蛍光塗料が含まれたものなので、電気を消すと星空が広がります!
-- 家づくりのご予算はおいくらでしたか?

(奥様)
総額1,800万くらいだったと思います。
自己資金は0円、はじめ3年間の返済額は63,000円、今は月々81,000円ずつ返済しています。今も、うちでは窮屈ではない金額ですね。

-- 資金計画についてオノケンとのやり取りはいかがでしたか?

(奥様)
分かりやすく、自分たちが払っていける上限を理解して、何回も話し合ってくれました。
「絶対に資金面で無理はさせない」という姿勢がうれしかったです。本当に私たちの払える範囲内で計画してくれました。
ほかのところでは、「できます、できます」で建物の値段が上がっていくのでしょうけど、オノケンさんではそういう無理強いする部分がなく、お互いに信頼関係を築いた上で「家の話がすすんでいく」のが安心できました。

オノケンさんのスタッフさんたちとは年齢が近いこともあって、友達に相談しているような感覚が持てたのも楽しかったですね。


-- 工務店選びに悩んでいる人に対して、家づくりの先輩からアドバイスをお願いします!

(奥様)
住む人の話を、じっくりと時間をかけて聞いてくれる業者さんを選んで欲しいです。押しつけではなくて、「どんな家が作りたい」、「いくらくらいで作りたい」っていう肝心な部分をきちんと聞いてくれる業者さんを選んでほしいです。
その上で、専門家ならではのきめ細やかなアドバイスもしてくれ、みなさんを納得させてくれる業者さんが良いと思いますよ。


「建設中おなかにいた赤ちゃんも、こんなに大きくなりました!」
--オノケンへ期待や要望があれば教えてください。

(奥様)
社長夫妻が同世代だったこともあって、友達感覚で何でも話し合えました。家のことだけじゃなく、それ以外のことでもたくさんしゃべりながら、「一緒につくった」という感覚ですね。
うちは家を建ててから5年も経ってますけど、今でもお互いに親近感を持った関係は続いています。今日も数年振りに会いましたが、そんなブランクは感じさせないですよね。

家を建てようって決めて、家を建てるまでのたった1年のお付き合いでしたが、とても濃密な時間でした。オノケンのみなさんに出会ったことが、私の人生の「プラスアルファ」になっていると思います。

これからも、壁を造作したり、ハンモックをつるしたりしたいので、相談に乗ってくださいね!

手前から左側4名が濱中さんファミリー、くじはし 一浩(オンケン代表)
後ろ左側より、湯上裕美、くじはし奈緒子、森田幸代(3名ともオノケン)
-- 濱中様、本日はお忙しい中、貴重なお話をありがとうございました。

※取材日時: 2012年7月
※制作:高橋かずえ

注文住宅に関するお問い合わせ・ご相談はこちらまで 0120-929-544 受付9:00~17:00 水曜定休(祝日の場合は営業)

メールでのお問い合わせはこちら

注文住宅、モデルハウス見学、土地等のご相談はこちら 0120-929-544 受付9:00〜17:00 水曜定休(祝日の場合は営業) タップするとお電話がかかります

メールはこちら

モデルハウスのご案内

地図・アクセスはこちら

小冊子のお申し込みはこちら小冊子のお申し込みはこちら