HOME > お客様の声 > 「オノケンで話す前は不安しかなかったな」

「オノケンで話す前は不安しかなかったな」

「家が建てられたらいいな」くらいの軽い気持ちだったんです


加東市で新築住宅を建てられたK様、N様ご夫婦にお話をお聞きしました。「建てられるとは思っていなかった」注文住宅を手に入れられるまでのお話を、ご入居後の写真と共にご紹介します。

(K様プロフィール)

施主様 K様・奥様N様・女の子・男の子
新居ご住所 加東市
オノケンとの出会い 弊社イベント「はじめてのお家探しフェア」にご来場
1.お家づくりのきっかけは?
「家が建てられたらいいな」くらいの軽い気持ちだったんです
-- 本日はありがとうございます。過去を振り返りながらお家づくりのお話をお聞かせいただきますのでよろしくお願いします。
-- ご家族構成と現在のお住まいついてお聞かせください。

【K様】上は保育園の女の子、下に男の子の4人家族です。現在は妻方の祖父、祖母も一緒の6人住まいです。
【N様】もともと西宮市に住んでいました。共働きでしたが保育園に入れず家づくりの資金づくりをしたいということもあり、現在は小野市の実家に住んでいます。
【K様】僕ら夫婦もですが、祖父と祖母もずっと働いています。子どもが小さく手もかかる時期ですので、いろいろと協力してもらって。

-- かわいい盛りのお孫さんと親御さんが一緒に過ごせる時間をとりつつ、将来も考えられていたのですね。

【K様】今後を考えて、通勤しやすいエリアに住みたくて。
【N様】小学校の入学前までにはマイホームを、という夢がありました。
【K様】でも資金に不安があって。注文住宅は無理かな?と思っていました。そんな時、僕の姉が「道の駅でなんかお祭りやってるで」って教えてくれて。
【N様】道の駅みきでの、はじめてのお家探しフェアに行ってみました。
【K様】正直言ってその時はそんなに本気でもなく、軽いノリで。(笑)
【N様】住宅相談会ってしつこいイメージがあったから「絶対だまされんとこ」みたいな気持ちでした。
【K様】行ってみたら、しつこく話しかけられることもなかったので、自分から「お金の仕組みも自分の所得で借りられる額もわからないんです」と相談してみました。
【N様】その後、モデルハウス見学してそこで詳しく話を聞いてもらいました。
【K様】「建てれたらいいなー」っていう1%ぐらいの軽い気持ちでしたが、そんな僕らの話をちゃんと聞いてくれて、現実的に家づくりが見えてくるような説明をしてくれました。

-- オノケンで建てようと決められた理由は?

【K様】「はじめてのお家探し」やから、詳しい話聞けるかなと思ってイベントへ行きました。そこから相談がすすみ、今まで引っかかりなく進んだ感じで。本音で言うとたまたま出会えた感じです。
【N様】私は希望のプランがあって、始めに「オノケンさんでできないことってありますか?」と聞きました。私がやりたいことと無理なこと、私がやりたくてもできないことがあれば、初めに知っておきたくて。その時点で、できることできないことを教えてくれて信頼できるかなと思いました。


奥様が楽しんで選ばれた照明
2.無料相談について
自分たちの所得で注文住宅が建てられるとは思っていませんでした
-- 相談員とはどのような話をされましたか?

【N様】まず「家づくり基礎講座」がしっかりあって、それから家族の生活を犠牲にしないような家づくりをしましょうという話を聞きました
【K様】もっと「あんたはどれだけ出せるねん」みたいな金額の話をされるのかと思っていたのですが(笑)。
【N様】いわゆる住宅会社のイメージと異なっていました。
【K様】ふらっと来た僕らに、どういうお金が必要かとかローンのしくみとかわかりやすく全部教えてくれて。
【N様】「家族の生活を犠牲にしないような家づくり」それ本当にそうやなと思って。
【K様】家が出来たら、旅行や車は犠牲になるものだと思い込んでいましたから。
【N様】建物だけでなく、家具にかかるお金や庭にかかるお金(外構費用)も、初めから考えて計画を立てて後から困らないようにして行きましょうと説明がありました。
【K様】こんな世の中だから、単純に勤続年数が昇給につながるとは限らないし、そういう所もきちんと計画に入れてもらえて安心しました。

-- 資金への不安がだんだんなくなっていった感じですか?

【K様】オノケンで話す前は、不安しかなかったな。
【N様】最初に相談員さんに、無理なくローンを払える金額は?と聞かれました。
【K様】何もわからない状態から、「家賃ぐらいやったらいけるかな?」と支払いのイメージがわいて、そこからローンの借入額の話になりました。
【N様】ローン借入できる金額がきまってからでないと月々の支払い額がわからないと思っていたので意外でした。本当に知識ゼロで来たけれど、話はわかりやすかった。
【K様】もともと自分の所得で注文住宅が建てられるとは思っていなかったけれど、資金計画して整理したら、可能だということがわかってきました。
【N様】資金計画ではすべてのお金のことが細かく記載されている資金計画書をもらいました。計算書はそのまま最後まで使えるものでした。
【K様】最初はわからない言葉もあるし、このお金は何だ?と言うことがたくさんありましたが、聞いたらなんでも教えてくれました。
【K様】軽い気持ちで相談しに来た自分たちに、最初からこんなに丁寧にしてくれるんやって思いました。
【N様】私たちでもこんな立派なお家が建てられた!って(笑)


建具も標準の範囲で
3.土地探し
破格の土地をすばやく購入できるように準備してもらえました
-- 土地も紹介させていただきました。土地を決めたときのことを教えてください。

【K様】土地は本当にタイミングと言うか出会いと言うか。
【N様】最初に提案してもらった土地を決めかねていたら、相談員さんが今の土地を探してきてくれて。
【K様】約70坪の広さながら、破格の土地で、広さと価格が本当に魅力的だったので、売れてしまう前に急いで購入の手続きをしてもらいました。
【N様】相談員さんが「急かして申し訳ありません」と言ってくれるくらいで、本当にいいのか悩みました。でもこんなチャンスないぞと覚悟を決めて買うことにしました。

-- 良い土地が出たら滞りなく手続きできる準備をしていたようですが、急なことでしたね。

【K様】それでも丁寧にしてくれて、近くのバス停のことや、学校の通学方法なんかまでいろいろ調べてくれました。
【N様】交通や通学といった生活レベルの利便性は大事な立地条件なので、そこまでしてくれて安心感がありました。 【K様】決断は勢いでしたが、ここしかないっていう土地を探してもらえました。

4.間取りプランについて
絶対オプションだと思っていたら標準で、「オノケンにして良かった!」
-- プランづくりについてお聞かせください。奥さまはスキップフロアをご希望でしたね。

食卓の奥のスキップフロア

現在は遊び場として使っています

【K様】注文住宅なんだからちょっと変わったことをしようって話がでていて。
【N様】スキップフロアをしてくれるか初めに確認したくらい、第一の希望です。
【K様】こんな家にしたいといいう理想を具体化するのはけっこう手間がかかるなと思いました。階段や壁の高さを計算したり、配置を考えたり。
【N様】モデルハウスを私たちのプランに見立てて、コーディネーターさんとあれこれ測ってやってもらって。
【K様】でも思い描いた通りのリビング空間ができたね。


K様ご希望の大きなテレビのあるリビング
-- スキップフロアの用途は?

【N様】子どものリビング学習用に壁に机になる板を備えつけて、掘りごたつも置きたいねと考えていました。
【K様】ただ、机や掘りごたつは一度作ると動かせないのでリビングには不便なこともあるかも、とコーディネーターさんにアドバイスをもらった結果、その時々で机を置いたりこたつを置いたりとフリースペースにしておくほうがいいねということになりました。
【N様】子どもが小さいときはあそび場として、大きくなったら勉強に使って、その後は旦那がパソコンしてもいいし、布団をひいてもリビングから見えない作りなので色々使えると思います。
【K様】多目的に使えるように、室内干し用の物干とファンもつけました。

-- 照明などの設備はどのようにして決められましたか?

【K様】ショールームに何度も足を運びました。5、6回は行ったと思います。
【N様】凝り性なので本やネットでとにかく色々調べました。
【K様】大工さんとか電気屋さんと専門用語でやりとりする位で、「奥さんすごいなぁー」って(笑)
【N様】細かいことでもなんでも質問して、大工さんによく見ていてすごいですねと言われたり(笑)こだわるならどこにでも足を運んで実際の姿を見たり、質問してみたりするのが一番だなと思いました。

-- 奥様のこだわりはたくさん生かされていますが。K様は?

【K様】僕はそんなにこだわりなくて、壁掛けの大きいテレビとトイレですね。
【N様】トイレが落ち着くみたいで、好きなんです。
【K様】トイレ本体は性能のいいものを自分で決めました。でも周りの壁紙とか電気のスイッチとか電気とかは結局全部奥さんが決めてる(笑)

-- オプションは付けられましたか?

【K様】トイレはグレードを上げたのでオプションです。他には何かあったかな?
【N様】でも別にオノケンさんの家はもともと標準がすごくいいから。あとは標準の範囲が多い感じです。
【K様】外壁のナチュラルレンガみたいな人気のデザインも標準だったので、オノケンの標準はほんまグレード高いと思いました。
【N様】室内のドアなどをレトロかわいい感じのものにしたくて、絶対オプションだと思っていたら標準だったんです。その瞬間オノケンにきめてよかった!と思いました。
【K様】こんなすごい家が自分たちに建てられるなんて。
【N様】家の写真見て「誰の家やろ」っていつも思います(笑)。

-- インテリアも楽しみですね。

【K様】奥さんは家建つ前から観葉植物とかいろいろ買ってますから(笑)。
【N様】飾りたいものは前々から集めています。部屋のアクセントにタイルを使いたくて、理想のタイルを6ヶ月待ちで取寄せました。


ニッチに施されたタイル

洗面や玄関にも素敵なタイルが

-- 逆に、今一つだったことはありますか?

【N様】冷蔵庫のサイズを測ってから置き場の奥行を作ればよかったかな?とか細かいことは少しありました。
【K様】でも家自体は、俺は100%やね。
【N様】100%はすごい(笑)太陽光つけないでその予算をフルに活用して。
【K様】結果可愛いお家に。すごいね。

-- 工事中の現場は見に行かれてましたか?

【N様】いろいろ差し入れ持って週に一度は見に行っていました。大工さんも気さくな方で。
【K様】電気屋さんなんか、友達みたいに仲良くなって、ずっとケラケラしゃべってた。みんな本当にいい人やったなと思います。
【N様】壁紙クロスの貼り方も、下地から気を使ってくれてめちゃくちゃきれいに晴れていました。
【K様】薄くて貼りづらい輸入の壁紙もきれいにやってくれて。職人さん全員いい人でした。

-- 業者とのお打合せはいかがでしたか?

【N様】電気屋さんとは特に精密に打ち合わせしました。
【K様】キッチンの背面収納の上にレンジを置いたとき、コンセントが見えないように調節するなど部屋をすっきりと見せるためにいろいろとこまかく決めました。
【N様】あとは、キッチンと背面収納の取っ手にもこだわりました。シンク側は足が引っ掛かるので取っ手なし、でも背面収納はリビングから見えるのでぜひアイアンのかわいい取っ手を見せたいと思って。
【K様】初めはできないと言われていたのですが、調べてみたらできるようだったのでキッチンのメーカーさんに交渉して実現しました。


キッチン背面収納の引き出しに黒いアイアンの取っ手。コンセントのプレートは見えないところに設置してあります
5.出来上がったお家の感想
子育てしやすい家なら幸せに暮らせるだろうと思って
-- テーマをつけるならなんの家ですか?

【N様】カフェみたいな家に住みたいとずっと思っていました。
【K様】スタッフさんにカフェみたいですねって言われて、よろこんでいたよね。
【N様】それはうれしかったから(笑)。
【K様】僕は仕事で現場にひんぱんには見に行けなくて、たまに行くと「すごい家やな、誰の家?誰が住むの?」ってずっと言ってた(笑)。

-- ご夫婦の間で意見の食い違いなどはありましたか?

【K様】どうしても家事は奥さんがすることが多いので、自分のこだわりよりも、奥さんと子どもが住みやすい家なら幸せに暮らせるだろうと思って、任せたところが多かったように思います。
【N様】私の希望をたくさん実現させてくれました。
【K様】おいしいご飯つくってもらって子どもとおいしいご飯を食べたいし、使う人に意見を聞くのが一番いいかなと思いました。

-- お家ができ上がったらしてみたいことは?

【K様】俺ゆっくりリビングで足伸ばす。
【N様】バーベキューもしてみたい。せっかくの広い庭だし。


まるで絵本のようなアプローチ
6.お家づくりの感想
小さい工務店の良さ。人間性もあるかな。
-- オノケンはどんな工務店でしたか?

【K様】人間性も含めての小さい工務店の良さ。オノケンでは嫌な人がいなかった。
【N様】社長さんも面白いしね。

-- うちの代表面白かったですか(笑)

【K様】上棟のとき、一緒に家建てとったもんな。
【N様】クレーン誘導とかしていてびっくりしました。
【N様】「あれ社長さんやの?」って(笑)。

それはお騒がせしました(笑)オノケンは代表も自ら家づくりにかかわっています。

-- それでは最後に、この記事をお読みの皆様にお家づくりのコツを教えてください

【N様】理想を持つことかな。建てたい家のイメージをしっかり持って伝えるのは大事です。
【K様】奥さんと子どもの幸せを第一に考えたらいいと思います。楽しく家事育児のできる家をつくること。
【N様】使う人の意見を取り入れること。何でも調べて、やりたいことがあったらあきらめずに聞いてみること。そうしたらうまくいくと思いました。
【K様】資金などの計画はプロにしっかりしてもらって、あとはある程度の思いきりです!

【インタビュアー感想】

インタビュー中にも、『本当にこれが自分たちの家?』という言葉が何度も出てくるほど、不安でいっぱいだったとおっしゃるご夫婦。オノケンでじっくりと資金計画と相談をされて理想のお家を手に入れられたようで何よりです。 K様、N様本日はありがとうございました。

注文住宅に関するお問い合わせ・ご相談はこちらまで 0120-929-544 受付9:00~17:00 水曜定休(祝日の場合は営業)

メールでのお問い合わせはこちら

注文住宅、モデルハウス見学、土地等のご相談はこちら 0120-929-544 受付9:00〜17:00 水曜定休(祝日の場合は営業) タップするとお電話がかかります

メールはこちら

モデルハウスのご案内

地図・アクセスはこちら

小冊子のお申し込みはこちら小冊子のお申し込みはこちら