HOME > お客様の声 > 「打ち合わせの後もお悩み相談のように話を聞いてもらって」

「打ち合わせの後もお悩み相談のように話を聞いてもらって」

夏休みに家族で「そろそろ家を建てようか」という話をして


三木市で新築住宅を建てられたB様ご家族にお話をお聞きしました。動線にご家族独特のこだわりがあったというB様、お引越しから一ヶ月経った新居のご感想をお聞きしました。

(B様プロフィール)

施主様 B様・奥様・お子様:小学一年生、小学三年生
新居ご住所 三木市
オノケンとの出会い 弊社イベント「はじめてのお家探しフェア」にご来場
1.お家づくりのきっかけは?
夏休みに家族で「そろそろ家を建てようか」という話をして
-- 本日はありがとうございます。過去を振り返りながらお家づくりのお話をお聞かせいただきますのでよろしくお願いします。
-- お住まいになってどのくらい経ちますか?

【奥様】まだ1カ月です。
【B様】引っ越しはなんとか。生活も慣れてきたかな。

-- お家づくりを意識されたのは、いつぐらいですか。

【B様】夏休みに家族で「そろそろ家を建てようか」という話をしていました。ちょうど気になる土地があり。なじみのある場所で学校も近いので見に行ってみようと思いました。
【奥様】その土地に立っていた看板からオノケンを調べて、私一人で小野のエクラのイベントにうかがったのが最初です。

-- はじめは奥様お一人でイベントにご来場されたのですね

【奥様】二人とも仕事で忙しいことが多いので、とりあえず私だけでちょっと話だけでも聞きに行こうかと思いました。

-- そのイベントではどのようなことを期待されましたか?

【奥様】その時はまだ何もわからなくて、家を建てる以前の話、土地や建物の平均値、資金について知りたかったんです。あと現在小野市に住んでいる私たちが、三木市という地域で家を建てること自体についても相談したいことがありました。

-- その後ご家族でモデルハウスのご見学をされています。

【奥様】持ち帰った資料を基に二人で話し合い、あらためて予約を取ってモデルハウスを見に行きました。
【B様】今住んでいる家は伝統的な日本家屋なので、モデルハウスを見てびっくりした。
【奥様】第一印象はきれいだな、天井も高くていいなと思いました。
【B様】そのときに初めて相談員さんとお会いして無料相談をしてもらいました。

2.業者を決めた理由は?
融通が利く地元の工務店を求めていました
-- 建築する会社を決める基準は?他社さんは行かれましたか?

【B様】オノケンが持っていた土地を気に入っていたので。
【奥様】私たちにはどうしても叶えたい希望の間取りがありました。ですので、融通を聞かせてくれる業者さんを求めていて、大手メーカーよりも工務店さんの方が向いていそうだと思っていました。
【B様】土地をお持ちの工務店であるオノケンさんは私たちにピッタリでしたので、他の業者さんを考えることはあまりなかったです。

-- 資金相談は、スムーズに行きましたか?

【B様】太陽光をあとからつける事にしたりなどで少し調整は必要でしたが、おおむね最初に決めた資金計画の予算内でうまいこと収まりました。
【奥様】はじめは、洗濯物干しにサンルームが欲しかったのですが、調べてみると浴室乾燥でまかなえそうだったので、予算を他に回せてオーバーを防げました。
【B様】やりたいことをすべて盛り込む方向ではなくて、取捨選択しながら相談ができたのがよかったのかもしれません。
【B様】資金については結構予定通りに進んだかなと言う感想です。

3、お家づくりでのお悩み
期限ぎりぎりまでわがままを聞いてもらって
-- お家づくりで悩まれたことはありましたか?

【B様】物の中はこだわるポイントが決まっていましたが、外構まで考えていなくて結構悩みました。
【奥様】自分の頭の中の考えを、「○○風」と表現したり、形にして伝えるのが難しくて。最終的にはコーディネーターさんから提案をもらって、やっぱりプロの方の意見っていいんだな、提案してもらえてよかったなと思いました。
【B様】カタログで見たものを土地の形に合うようにアレンジしたいと伝えると「そこを変更すると強度が落ちます」とかプロならではのアドバイスをもらえて納得するプランに落ち着きました。

-- カタログと実際では感じ方も違いますよね。

【奥様】寸法を言われても実際の大きさがピンとこなかったので、外構業者さんに色々教えてもらいました。
【B様】一緒に現場に行って、地面にスプレーでアプローチやカーポートの形を書いてもらい、わかりやすく説明してもらえました。
【奥様】期限ぎりぎりまでわがまま聞いてもらって。おかげで好きな感じになりました。

-- 注文住宅ですから、お悩みがあり、提案させていただく中で個性的なお家ができあがります。ご満足いただけたようで安心しました。
-- お打合せをする中で、難しかったことはありますか?

【B様】オノケンさんの紹介の土地を購入したのですが、その時に少しすれ違いを感じました。
【奥様】契約前に、土地を実際に見せてもらって説明を受ける予定だったのですが、行く機会が作れなくて。
【B様】僕らは仕事で二人の休みを合わせるのが難しく、何度か日程をキャンセルせざるを得ない状況でしたので、その分建物の打ち合わせに時間を使った方がよいと判断されたんだな、と今では思います。
【奥様】私たちの感覚と業者さんの感覚ってちょっと違うのかなって、その時は感じました。でも正直に土地が見られていなくて不安だという自分の気持ちをお話したら快く受け止めてもらえて、無事解決しました。

4.一番のこだわり
靴を脱いですぐにお風呂。これが叶えられなかったら、家を建てていなかったかも
-- 先ほどの、「どうしても叶えたい希望の間取り」と言うのは?

【B様】お風呂とトイレの位置です

-- B様の間取りの一番大きな特徴は、玄関土間から直接入れるお風呂とトイレですね。

【B様】仕事の疲れをすぐに落としたくて靴脱いですぐ風呂に入れるような家が欲しかった。これは僕の一番の希望でした。
【奥様】子どもたちも外からドロドロで帰ってきたらすぐに足を洗えたり、トイレに行けたりして部屋の中に汚れを持ち込まないようにしたかったんです。
【B様】これが叶えられなかったら、逆に家を建てていなかったかもしれません。

-- 腰壁一枚の工夫ですごしやすいリビング空間ができたわけですね。

玄関土間左手奥にお風呂の入り口が見えています

華やかなパネルの明るいお風呂
-- このお風呂を中心に間取りを決められたのですね。

【奥様】夫婦で仕事していて泊まり勤務もあり、一日中お風呂は使います。寒さやカビの心配をしたくなくて初めお風呂は家の南側に作ろうと思っていました

-- ふつう家の南側はリビングにと考えることが多いですが、ユニークですね。

【B様】うちにとってはリビングの位置よりもお風呂の使いやすさが大事でした。
【奥様】コーディネーターさんに相談したところ、『今の家は24時間換気がついているから大丈夫』と説明してもらって、家の南側はリビングと和室に使うことができました。
【B様】玄関土間から見えないような配置を考えてもらったり、間取りに合うメーカーを探してもらったり、コーディネーターさんの知恵を借りて理想が実現しました。

5.間取りのポイント
新居では地震対策をしたいと考えていました
-- お風呂と脱衣所の横に『化粧室』とありますがこれはどのようなお部屋ですか?

【奥様】ここは私のテリトリーです。稼働棚と机があり、本を読んだりノートにいろいろ書いたり、好きな時間を過ごす場所です。
【B様】二階には書斎があります。僕のものはここに全部置いています。
【奥様】本などをまとめておけるので、他の部屋が散らからなくていいと思います
【B様】今はまだ一階で子どもと一緒に過ごすことが多いですね。

-- 階段を上がった二階踊り場に少しスペースがあり、換気扇がついていますがこれは?

【B様】ここはトイレの為に開けていたスペースでしたが、二階にトイレを作らなかったので、荷物が増えたら収納棚を置いたりしようかなと考えています。
【奥様】陽が入るから洗濯物も置けますし、フリーで色々使えるスペースです。

-- お風呂のほかにやりたかったこだわりポイントは?

【奥様】熊本で地震があったときから新居では地震対策をしたいと考えていて、制震(※1)ダンパーをつけました。
【B様】値段は免震(※2)構造よりも手ごろで、二度の強震にも強いと聞いたのでつけられてよかったです。
※1制震(せいしん):建物に取り付けた制震装置で地震の揺れを吸収する仕組み
※2免震(めんしん):建物と地盤を切り離し、建物の揺れを抑える構造
オノケンホームページ「地震に強い家へのこだわり」
【奥様】玄関ドアの鍵をタッチキーにしました。両手がふさがっていてもカギが開けやすいし、鞄からカギを探さずに済みます。
【B様】防犯と台風対策で二階の窓にもシャッターを付けました。

-- 敷地の南側に物置がありますが。

【奥様】物置の場所もとても悩みました。敷地の北側など、表から目につきづらいところに置くものだと思ったのですが、考えて南側にしました。
【B様】ここに物置があると洗濯物の目隠しになって、それでいて日当たりを妨げない。いい場所が見つかったと思います。

-- ひとつひとつのことを丁寧に決められているんですね。
-- お二人ともお仕事をされていますが、家事の動線などは?

【B様】家事の動線というよりも、外から帰ったら足を洗うとか、泥のついた野菜を外で洗いたい、といった昔から染みついている生活習慣を中心に考えた気がします。
【奥様】掃除やメンテナンスの手間がかからないようにしたいと考えていました。
【B様】前に住んでいた家が伝統的日本家屋で、その広さがかえって不便に感じることもありましたので、目も届きやすく掃除も楽で小回りの利く間取りにできました。

6.新居の住み心地は?
子どもたちと会話がしやすくて、一番好きな場所です
-- 新居に住まわれて一ヶ月。新居の住み心地は?

【奥様】一階リビングとその横の和室で過ごすことが多いです。
【B様】僕も和室ですね。座椅子をおいてテレビ見たり、本読んだり。僕と嫁は二人とも仕事に出ているため子どもを交代で見ています。子どもが小さいので、ずっと一緒に過ごしている場所ですね。


二階の書斎よりもここにいる方が多いです

キッチン、リビングと一体感のあるオープンな和室
-- 和室はどのようにお使いですか?

【B様】これはコーディネーターさんのアイディアで、和室の入り口を一段上げています。天井に頭をぶつけないようにちょうどいい高さを計算しての設計です。
【奥様】ここは新居で一番好きなところです。

【奥様】リビングと和室の間にはドアなどの仕切りがないので、オープンに過ごしやすくなっています。
【奥様】この段差は腰かけるのにちょうどいいんです。子どもが和室で勉強しているので、子どもの宿題を見たり、プリントを見たりするときに腰かけるのにちょうどよくて便利です。
【B様】ここに子どもと並んで座ってしゃべったりできて楽しいですね。

-- 今後、さらに付け加えたいことは?

【B様】後で何か付け加える工事をするのは大変だと思ったので、希望は一通り叶えたと思います。
【奥様】今のところはほぼ満足です。

7.最後に
打ち合わせが終わったあとも1時間くらい、お悩み相談みたいに話をして
-- 最後に、これを読まれる方へ工務店選び、お家づくりの秘訣を。

【奥様】やっぱり工務店さんでも、職人さんでもいっぱい話しをしたほうがいいと思いました。私、相談員さんと喧嘩したこともあるくらいなので(笑)

-- いろいろなお話させていただいたんですね。

【奥様】行き違いみたいなことも確かにありましたが、オノケンでの相談をやめようとはならなかったんです。
【B様】僕らには、資金相談以外にも本当に家を建ててよいのか、どこに住むのがベストなのかという悩みがありました。打ち合わせが終わったあとも1時間くらい、お悩み相談じゃないですけど結構いろいろ話を聞いていただいたんですよ。
【奥様】相談員さんご自身の経験談もまじえた話をしてもらって、家族が一番幸せになることを考えてもらえました。相談員さんの一言や、話した中で決断できた部分も大きいです。
【B様】住む場所も、土地を買うのがよいか、実家の敷地に建てるのがよいか、相談したうえで土地を決められて、背中を押してもらった感じです。オノケンさんとは何でも話せる関係性を築いて、家づくりが進みました。だから相談員さんには感謝してますよ。

【インタビュアー感想】

お引越しされて一ヶ月、ご家族の幸せを考えたお家づくりのお話を伺いました。ご家族の利便を考えた独特な動線を実現され、相談ではオノケンと互いにオープンなお話をさせて頂いたことが、お家づくりの参考になったとのこと。リビングで過ごされるご家族の姿が目に浮かぶようです。B様ご家族の皆様、本日はありがとうございました。

注文住宅に関するお問い合わせ・ご相談はこちらまで 0120-929-544 受付9:00~17:00 水曜定休(祝日の場合は営業)

メールでのお問い合わせはこちら

注文住宅、モデルハウス見学、土地等のご相談はこちら 0120-929-544 受付9:00〜17:00 水曜定休(祝日の場合は営業) タップするとお電話がかかります

メールはこちら

モデルハウスのご案内

地図・アクセスはこちら

小冊子のお申し込みはこちら小冊子のお申し込みはこちら