小野市・三木市・加東市・加西市・西脇市 好きな間取りで建てる家。昭和28年創業。

住宅内のヒートショックの原因とは2

Pocket

IMG_1845

比較的温暖な地域での犠牲者が多く、

寒さ厳しい北海道での犠牲者が少ないというのはなんとも不思議ですね。

じつは、これにはきちんとした理由があります。

寒い地域の住宅は全室暖房が基本です。

部屋ごとの温度差が少ないので体に負担をかけません。

一方、温暖な地域では局所暖房が主流です。

誰もいない部屋を暖めるのは資源の無駄であるという節約志向と、

古い住宅の断熱性の低い住まいに被害が多いです。

ヒートショックによる犠牲者が特に増えるのが毎年12月から翌3月です。

ぜひヒートショック対策について業者に聞いてみてください。

意識の高い業者ほど、しっかり対策しています。

䦰橋 一浩
私たちは、この東・北播磨地域に根差し、家づくりに携わり60年になります。
工務店の使命が「家守り」であることを考えると、地域に長きにわたり受け入れられ、続いていること。
このこと自体、3代目の私が最も誇らしく思っている信頼の証です。
Pocket