小野市・三木市・加東市・加西市・西脇市 好きな間取りで建てる家。昭和28年創業。

【小野市モデルハウス建築中 #11】上棟3ついに完成☆

Pocket

こんにちはスタッフのみやじまです

今日も小野市モデルハウス、7月の上棟の様子3回目になります

家の姿がだんだん見ててきました。柱ばかりに見えますが、よく見ると窓の開口部

(いずれサッシ窓が入るスペース)ができています。

1   1.5

 

柱を一本ずつクレーンで吊り上げては取り付ける作業が続いています。長い木材を

足場や柱の間にぶつけないように縫うように吊り上げる業者さん。

細かく気を配りながらクレーンの作業です。

 

2 3

右側から雨雲が…天気は大丈夫なのでしょうか?

 

プレカット(柱の加工)業者のヨドプレから、担当者の方が2人様子を

見に来てくれる中、クレーンの作業が一段落しました。

建物の横側から見ると、太陽光発電を付けるための片流れ屋根が

三角形に見えています。

4 5

激しい暑さもようやく和らいできました。

2階部分もほぼ出来上がり、これから屋根板と防水シートの取付で完成です。

6

ちなみに上の写真の左端の人物がオノケン代表です。

オノケンの家づくりでは、代表もすべての現場にかかわっています。

7

心配した天気もなんとか夕方まで持ちこたえて、上棟作業は終了です。

お疲れ様でした。

一日上棟現場の周りを見守っていますと、通りすがりの方が立ち止まって

現場を見て行かれます。自転車を止めてお子さんとクレーン車を見ているような

微笑ましい光景もありました。

近隣の方も「何が建つの?」とお声をかけてくれましたので、モデルハウスが

出来上がったらぜひ見に来て来てくださいね、というお話をしました。

近隣の皆様、ご協力ありがとうございました。

 

前の記事

【小野市モデルハウス建築中 #10】上棟2日々進化☆

☆☆【小野市モデルハウス建築中】その他の記事はこちらから☆☆

宮島 ゆり子
新築でお家を建てられるお客様とはほぼ一年間という長期のお付き合いになります。その中でいろいろな問題をクリアし、お客様の想いが形になっていくのを間近で見られ、お手伝いできることは大きな喜びです。お引渡し前のお掃除をしながら、ここでお客様ご一家の歴史が作られて行くんだな…と感無量になります。
Pocket