小野市・三木市・加東市・加西市・西脇市 好きな間取りで建てる家。昭和28年創業。

【小野市モデルハウス建築中 #08】基礎と土台で建物を守る☆

Pocket

こんにちは 小野市モデルハウス建築の様子をご紹介します。

前回の記事ではこんな感じでコンクリートの基礎までできていた現場。

s-20190719_黒川モデル基礎工事 (16)

いよいよ木材が届き始めました

s-20190723_黒川モデル_土台工事 (26)

コンクリートの基礎の上に、土台を敷く工事です。

格子状に根太(材木)が設置されました
リサイズ20190723_黒川モデル_土台工事 (14)

写真では見えづらいですが、コンクリートの基礎と根太の間に黒く

何かがはさんであるように見えます。これは「基礎パッキン」と呼ばれるもの。

P1030156

昔は建物の換気や湿気対策のために、基礎部分に換気口を開けていましたが、

現在では基礎コンクリートと土台の間にパッキンを置いてすき間を作り換気を行う

方法を採用しています。

建物の周囲全てにパッキンが設置しているので雨水が入りこみにくく、換気効率もアップ。

換気口のような開口部がないので害虫や小動物の被害の防止も期待できます。

さらに、基礎の強度も高めることができるので「基礎パッキン工法」はおすすめです。

いよいよ上棟が近づいてきました☆

 

【小野市モデルハウス建築中 #07】外構打合せの風景☆

☆☆【小野市モデルハウス建築中】その他の記事はこちらから☆☆

 

宮島 ゆり子
新築でお家を建てられるお客様とはほぼ一年間という長期のお付き合いになります。その中でいろいろな問題をクリアし、お客様の想いが形になっていくのを間近で見られ、お手伝いできることは大きな喜びです。お引渡し前のお掃除をしながら、ここでお客様ご一家の歴史が作られて行くんだな…と感無量になります。
Pocket