小野市・三木市・加東市・加西市・西脇市 地域密着60年。自由設計・注文住宅専門の工務店です。

お家づくりで、言い伝えや方角や風水が気になることもあります。

Pocket

32d0251efbfff4afccf16a706fc7c114_s

こんにちは スタッフのみやじまです。

運動会も終わり、秋らしくなってきました。

秋にも七草があるのをご存知ですか?

お正月に食べる「春の七草」と違って、「秋の七草」は観賞用の植物だそうです。

万葉集の歌人が歌にも詠まれている秋の七草には諸説ありますが、

萩、薄(すすき)、葛、撫子(なでしこ)、女郎花、 藤袴、 桔梗

以上の7種類だといわれています。

すべてかつて薬草としても利用されていた物らしく、身近な植物だったようですが

今でも目にするのは、「くず湯」や、風邪のときに飲む葛根湯などの「葛」でしょうか。

 

近所の田んぼではそろそろ彼岸花の季節。

『家の敷地に彼岸花があると縁起が悪い』という言い伝えを聞いたことがあります。

田んぼにはいっぱい咲いているのになぜ?と思って調べてみたら、彼岸花は毒があり

畔に穴をあけるモグラよけとしているそうで、家の敷地では縁起が悪いといわれて

いても、田んぼでは役に立っているようです。知りませんでした。

お家づくりにおいて、言い伝えや方角や風水が気になる、という方もいらっしゃいますが、

意外と科学に基づく理由があったりすることも多いみたいですね。

 

三木市加佐のモデルハウスでは皆様のお家に対するわからないこと、知りたいことを

無料相談と言う形でお聞きしています。

三木市加佐モデルハウスの詳細はこちらから

 

 

 

 

 

 

宮島 ゆり子
新築でお家を建てられるお客様とはほぼ一年間という長期のお付き合いになります。その中でいろいろな問題をクリアし、お客様の想いが形になっていくのを間近で見られ、お手伝いできることは大きな喜びです。お引渡し前のお掃除をしながら、ここでお客様ご一家の歴史が作られて行くんだな…と感無量になります。
Pocket