HOME > 建売住宅が安い本当の理由

建売住宅が安い本当の理由

建売住宅の特徴
注文住宅の特徴
初めから決まっている
プラン設計
おまかせすることができる
見ることができない
建設工事
見ることができる
誰が建てたかわからない
大工
腕のいい職人を選ぶことができる
土地と建物のセット価格+諸費用
価格
予算を決めておくことで価格の調整が可能
主に屋根、外壁で10年毎に修繕費用がかかる
修繕維持費用
修繕費用を少なくするプランが可能
建物に人を合わす
設備・仕様
人に建物を合わす
経済計画に合わせた物件を探さないといけない
住宅ローン
経済計画に合わせてプランを調整することができる
間取り、設備は予め決まっている
プランの自由度
間取り、設備などを自由に決められる
建売住宅とは、土地と建物をセットで購入する住宅のこと。
一般的には、まとまった土地をいくつかの区画に分けて、同じ仕様の住宅を何棟か建てて販売されることが多いようです。

価格面では、業者視点で仕様・設備を決定できるので、低価格を売りにしやすく、すでに完成しているので、現物を確認でき、その購入価格が明示されている、というのが最大のメリットです。
建売住宅のイメージ
また、土地を探したり、仕様の打ち合わせも必要ありません。
マイホームに手間や時間をかけたくないという人にはお勧めです。
建物よりも立地や環境、それに見合う価格かどうか、買い手にとって適正な価格かどうかで判断されるのでしょう。
一方で、あなたのライフスタイルに合った物件を見つけるのは難しいかもしれません。
そもそも建売住宅というのは、個々のライフスタイルに反映した住まいを造ることに業者側が着眼していないからです。
単に、気に入った間取り、キッチン、内装など、条件をすり合わせているにすぎません。

逆に、注文住宅では個々のライフスタイルに合わせて、時間をかけて自由に造り上げていきます。
間取りや設備はもちろん、壁紙やドアまで好みのものを選ぶことができます。
価格面についても、費用を抑えたいところと、費用をかけてでもこだわりたいところを、あなたの判断で選択することができます。

建物ではなく、人にフォーカスして住まいを創造していきます。
この点が注文住宅のメリットの一つなのですが、打ち合わせに時間をかけることを嫌ったり、住まいにそれほど想い入れのない人には不向きかもしれません。

建売住宅も注文住宅も、同じように大工さんが建てる家であることには違いありません。
しかし、注文住宅では住まい手であるお客様の目が厳しいというのも特徴です。
腕の良い大工が確実に、一邸一邸魂を込めて造らなければなりません。
特に地域の工務店では、自分たちの夢のマイホームにどんな人が携わっているのか?
大工さんを初め、各専門の職人さん、会社の社長からスタッフ一人一人まで、顔の見える家づくりでないと納得していただけないからです。
腕の良い大工が確実に、一邸一邸魂を込めて造らなければなりません。
建てる人に注目されるのは、何も注文住宅だけではありません。
それは現場が公開されていない、見ることができない建売住宅でも同じことです。
建売住宅を希望する人の中での一番の不安が、欠陥住宅や見えない部分での手抜き、つまり、建てる業者の信頼度です。
検査を受けているといって、それですべて良しというほど単純なものではないからです。
欠陥住宅や見えない部分での手抜き
しかし、出来上がった住宅からはそれは見えません。
完成のイメージがしにくい注文住宅。
だから作り手と住まい手、双方の信頼がなければ成立しません。
大工さんの腕の良し悪しや、彼らがどういう気持ちで建てているか。
住まわれてからのお客様が笑顔になっているかを想像しながら建てる家。
注文住宅ではそれらは信頼の証であり、理念のベースとなります。
そこに価値を感じないなら、建売住宅でもいいかもしれません。

建売住宅と注文住宅、出来上がりはどちらも同じ家の形をしています。
しかし、建築物という物の完成度としての建売住宅と、形のないものを信頼関係に基づき、住まい手と一緒になって造り上げていく注文住宅。
メリット・デメリットは双方あれど、そもそも全く異質のものかもしれません。
人に住まいを合わすか、住まいに人を合わすか、そんな違いなのかもしれません。

価値観と照らしてみて、どちらがご自身に合っているかを判断してください。
注文住宅に関するお問い合わせ・ご相談はこちらまで 0120-929-544 受付9:00~17:00 水曜定休(祝日の場合は営業)

メールでのお問い合わせはこちら

注文住宅、モデルハウス見学、土地等のご相談はこちら 0120-929-544 受付9:00〜17:00 水曜定休(祝日の場合は営業) タップするとお電話がかかります

メールはこちら

モデルハウスのご案内

地図・アクセスはこちら

小冊子のお申し込みはこちら小冊子のお申し込みはこちら